年齢を問わず、音楽に対して前向きに取り組み、研鑽され、演奏家としての実力をも兼ねそなえたアーティスト1組またはお1人に、秋篠音楽堂アーティスト賞を授与いたします。今後の糧となることを祈念し、優秀な演奏家の芸術活動の支援を目的とします。平成25年(2013年)より実施しています。

 

●会場 秋篠音楽堂
●料金 1,500円
(全自由席)

●チケット取扱・お問合せ
  秋篠音楽堂 
TEL 0742-35-7070
(10:00〜18:00)
●主催 秋篠音楽堂運営協議会


<2次審査通過者>


佐久間 優 (ギター)

J.ダウランド 
 ファンタジア No.7
F. ソル 
 マルボローの主題による変奏曲
F. タレガ
 グラン・ホタ
長岡 克己
 ヌーヴォレ

「最も音色の美しい楽器はギターである」との信念で美音を追求し、ジャンルを問わない演奏をするギタリスト。コンサート活動はもちろん海外でのCD製作、テレビやラジオ出演、ギターフェスティバルへの参加等、幅広い活動を展開している。ギターを故久保正也氏、濱田圭氏、故 稲垣稔氏に師事。ギターアンサンブルを増井一友氏に師事。音楽理論を長岡克己氏に師事。海外音楽家のマスタークラスなどの受講も多数。フランスでの数回のコンサートは新聞にも取り上げられ、成功を収める。2017年は弦楽四重奏団とギターコンチェルトを演奏するなど、他楽器とのアンサンブルコンサートも多数。読売テレビ主催第33回日本ギターコンクール、オヌール・デュオ部門優勝。第33回ギター音楽大賞において、ソロの部第1位最優秀賞ならびに大阪府知事賞受賞。第15回山陰ギターコンクールでは、プロフェッショナルの部、ソロ部門優勝ならびに鳥取県知事賞受賞。現在、アンサンブルでの演奏や、自身のアルバム制作企画、ヨーロッパでのコンサート、後進の指導等、精力的に活動している。



田久保 友妃 (ヴァイオリン) 加藤 雅子 (ピアノ)

A.ハチャトゥリアン
 ヴァイオリン協奏曲
 I. Allegro con fermezza
 II. Andante sostenuto
 III. Allegro vivace

田久保 友妃 (ヴァイオリン)
大阪音楽大学卒業、現在同大学演奏員。阿部京子、橋本寿子、林泉、宗倫匡の各氏に師事。2005、2006年度明治安田生命クオリティオブライフ奨学生。第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位および中国総領事賞受賞、第19回大阪国際音楽コンクールにて2つの部門にわたりエスポアール賞受賞ほか受賞多数。2013、2015年にはソリストとしてチェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団(ウクライナ)と共演。2015年からは「生演奏を身近に」をモットーにクラシックからジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

加藤 雅子(ピアノ)
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業。2001年ロシアにてサンクトペテルブルク国立アカデミックシンフォニーオーケストラと共演。合唱団めぐみ、京都ゲヴァントハウス合唱団ピアニスト。現在、洛南高等学校付属中学校、華頂短期大学、文教短期大学非常勤講師。

<秋篠音楽堂アーティスト奨励賞 受賞>
細川 萌絵 (ピアノ)  

L.V.ベートーヴェン
 ピアノソナタ 第30番 ホ長調 作品109
 I. Vivace, ma non troppo
 II. Prestissimo
 III. Andante molto cantabile ed espressivo
F.ショパン
 アンダンテ・スピアナートと
 華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22

3歳よりエレクトーン、6歳よりピアノを始める。ピティナピアノコンペティションA1、E、F級全国決勝大会入賞及び入選。日本クラシック音楽コンクール高校女子の部全国大会第4位。全国町田ピアノコンクールF部門第2位。第8回クオリア音楽コンクールピアノ部門大賞受賞。ショパン国際ピアノコンクールinAsiaプロフェッショナル部門全国大会銀賞、アジア大会奨励賞。ヤマハエレクトーンコンクール2015最高位。これまでに柏原智子、稲田節子、中嶋宏美、阿部裕之の各氏に、現在迫昭嘉、有吉亮治の各氏に師事。大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て、現在東京藝術大学音楽学部2年在学中。







細川萌絵


表彰式