秋篠音楽堂トップ  
座席表ご利用案内アクセス
スケジュール主催公演ロビーコンサート伝統芸能の部室内楽の部秋篠うたくらぶチケット発売情報
名画鑑賞会募集のご案内秋篠音楽堂アーティスト賞秋篠ユング・ムジカリンクサイトマップ
 



生演奏で名曲をたのしんだり、みんなで歌ったり、からだを動かしたり・・・。
音いっぱいの楽しい夢をみましょう。




●場所 秋篠音楽堂ロビー
●入場料 500円
※小学生以下入場無料
(全自由席)
●チケット取扱・お問合せ
  秋篠音楽堂 
TEL 0742-35-7070
(10:00〜18:00)
●主催 奈良市国際音楽交流協議会(ならイメック)
●後援 奈良市
●協力 秋篠音楽堂運営協議会
●協賛 NPO法人 奈良芸能文化協会

●内容

 
クラシックえんそうを ききましょう
 
   

ショパン/幻想即興曲

エルガー/愛のあいさつ

モンティ/チャルダッシュ

中田喜直/夕方のお母さん


外川千恵子 (ピアノ)

穂積洋子 (ヴァイオリン)
津田文子 (ピアノ)
    〃

吉川朋子 (ソプラノ)
津田文子 (ピアノ)


 
  ゆっくり たのしく からだを うごかしましょう

 
  たのしいおはなしをきいて うたいましょう
『イメぴょんは うみが だいすき!』
 
   

うみ
かもめの水兵さん
アンダー・ザ・シー(「リトル・マーメイド」より) ほか

 



>>> ページトップ




2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第3位!
マズルカ賞受賞 ポーランドが涙したマズルカ!

 
●場所 秋篠音楽堂
●料金 前売 3,500円
当日 4,000円
学生 1,000円
(全指定席)
●チケット発売日
  6月20日(火) 10:00〜
●チケット取扱・お問合せ
  秋篠音楽堂 
TEL 0742-35-7070
(10:00〜18:00)
●主催 秋篠音楽堂運営協議会

  奈良県大芸術祭参加
 

●予定プログラム

 


ショパン/マズルカ Op.56
ブラームス/4つのバラード Op.10
ショパン/ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.35
ショパン/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22

 


●プロフィール
ケイト・リウ(ピアノ)
Kate Liu Piano 


現代2015年 第17回ショパン国際ピアノ・コンクール第3位、マズルカ賞受賞
ショパン・コンクールにおいて、詩情溢れる音楽性と際立って美しく豊かな音色、熱く語りかける珠玉の演奏で、世界中を魅了した。今、最も注目を集めるピアニスト!

1994年シンガポールに生まれたケイト・リウは、シカゴ音楽院で、アラン・チョウ、ミカ・ユイ(Micah Yui)、エミリオ・デル・ロザリオの下に学んだ。現在は、カーティス音楽院でロバート・マクドナルドの下で研鑽を積み、2017年5月に卒業。この秋よりジュリアード音楽院に進学予定。これまでに、第3回アジア・パシフィック国際ショパン・ピアノ・コンクール、モントリオール国際音楽コンクール、イーストマン音楽学校の国際ピアノ・ コンクール、ヒルトンヘッド国際ピアノ・コンクール、オバーリンのトーマス&イヴォン・クーパー国際コンクール、ニューヨーク国際ピアノ・コンクール、全米ピアノ指導者協会コンクール、ルイジアナ国際コンクールなど、数多くのコンクールで入賞している。アメリカのショパン財団から奨学金を授与されており、これまでにニューヨーク(カーネギー・ホール、サブカルチャー・アーツ・アンダーグラウンド、サルマガン ディ・クラブ、エマヌエル寺院など)、ワシントン(ケネディー・センター、フィリップス・コレクションなど)、テレビ番組(シカゴWTTW放送)、ラジオ 番組(アメリカン・パブリック・ラジオの番組「フロム・ザ・トップ」、シカゴWFMT放送の番組など)でリサイタルを行っている。シカゴ・シンフォニー・ センターでは、ラン・ランとの共演で、シューベルトの幻想曲ヘ短調を連弾した。共演したオーケストラとしては、クリーヴランド、モントリオール、ヒルトンヘッド、エヴァンストン、スコーキー・ヴァリー、ロチェスター、テグ(韓国)、ワルシャワ、東京(読売日本交響楽団)などの都市の各オーケストラがある。




>>> ページトップ



■ 主催公演のチケットは、秋篠音楽堂でお取り扱いしております。









企画・制作 吉川朋子
万葉歌の時代背景、人々の生活、恋愛などについて、
お話(解説)と歌・音楽演奏で午後のひとときをお楽しみください。





●場所 秋篠音楽堂
●料金 1,500円
(全自由席)
●チケット取扱・お問合せ
  秋篠音楽堂 
TEL 0742-35-7070
(10:00〜18:00)
●出演者 講師・ナビゲーター
上野 誠
チェンバロ
中野振一郎
●主催 秋篠音楽堂運営協議会
●後援 奈良市
●企画・制作
  吉川朋子

●内容

 

我が里に 大雪降れり
大原の 古りにし里に
降らまくは後

我が岡の 龗に言ひて
降らしめし 雪の摧けし
そこに散りけむ

沫雪のほどろほどろに
降り敷けば 奈良の都し
思ほゆるかも

旅衣 八重着重ねて
寝ぬれども なほ肌寒し
妹にしあらねば

 


●プロフィール
講師・ナビゲーター 上野 誠

1960年、福岡生まれ。国学院大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。奈良大学文学部教授。第12回日本民俗学会研究奨励賞、第15回上代文学会賞、第7回角川財団学芸賞受賞。『古代日本の文芸空間』(雄山閣出版)、『万葉体感紀行』(小学館)、『大和三山の古代』(講談社現代新書)、『魂の古代学――問いつづける折口信夫』(新潮選書)、『万葉挽歌のこころ――夢と死の古代学』(角川学芸出版)など著書多数。万葉文化論の立場から、歴史学・民俗学・考古学などの研究を応用した『万葉集』の新しい読み方を提案。近年執筆したオペラの脚本も好評を博している。

中野振一郎 (チェンバロ)

京都生まれ。1986年桐朋学園大学音楽学部の演奏学科(古楽器専攻)卒業。1990年「大阪文化祭金賞」等受賞。「世界の9人のチェンバリスト」の一人に選ばれる。1993年ロンドンのウィグモア・ホールのデビュー・リサイタルを開き、「日本人には珍しいパーソナリティーを持っている。」という評価を得る。1999年「ゴルトベルク変奏曲」をCD収録し、レコード・アカデミー賞受賞。2004年ドイツでリサイタルツアーを行い、絶賛された。「平成16年度文化庁芸術祭・大賞」受賞。2009年度「第47回レコード・アカデミー賞」受賞。2010年チェンバロ演奏のための手引書「チェンバロをひこう」(音楽之友社)を出版し、後進の指導と更なるチェンバロの普及に努めようとしている。







ゆったりと心地よいひとときを過ごしませんか
音楽を堪能した後にはステキなランチタイムを


●場所 秋篠音楽堂
上野 誠


拡大表示
●料金 1,500円
(全自由席)
●チケット発売日
  2012年6月15日(金)
AM10:00〜
●チケット取扱・お問合せ
  秋篠音楽堂 
TEL 0742-35-7070
(10:00〜18:00)
●出演者 講師・ナビゲーター
上野 誠
オカリナ
宗次郎
●主催 秋篠音楽堂運営協議会
●企画・制作
  吉川朋子

●内容

 

君待つと 我が恋ひ居れば
我が屋戸の 簾動かし
秋の風 吹く

夕されば 小倉の山に
鳴く鹿は 今夜は鳴かず
寝ねにけらしも

秋萩の 下葉もみちぬ
あらたまの 月の経ぬれば
風を疾みかも

 


●プロフィール
  講師・ナビゲーター 上野 誠

奈良大学文学部教授(国文学科)。博士(文学)。
MBSラジオ「上野誠の万葉歌ごよみ」やNHKラジオ「ないとえっせい」などにより、『万葉集』を学ぶことの楽しさを、多くの人びとに伝えている。第12回日本民俗学会研究奨励賞受賞(1992年、日本民俗学会)。第15回上代文学会賞受賞(1998年、上代文学会)。歴史学や考古学、民俗学を取り入れた万葉研究で、学会に新風を送っている。

  宗次郎

陶製の笛オカリナの第一人者。1985年にレコードデビューし、1986年のNHK特集「大黄河」の音楽で一躍脚光を浴び、人気アーティストとしての地位を得る。1993年には、アルバム『木道』(キドウ)『風人』(フウト)『水心』(スイシン)の自然3部作で、第35回日本レコード大賞<企画賞>を受賞。2010年には、いにしえの日本の歴史・文化をテーマとしたオリジナル・ニューアルバム『古~いにしえみち~道』を発表。常に自然との関わりの中で土とのふれ合いを大切にし、コンサート、作曲、創作活動を続けている。







●場所 秋篠音楽堂ロビー
上野 誠
●出演者 講師・ナビゲーター
上野 誠
鳳笙(ほうしょう)
林 哲至
龍笛(りゅうてき)
石山迪彦
ピアノ
榊原明子
●後援 奈良市
●協力 NPO法人奈良芸能文化協会

●内容

 

石走る
垂水の上の
さわらびの
萌え出づる春に
なりにけるかも

酒坏に
梅の花浮かべ
思ふどち
飲みての後は
散りぬともよし

春雨に
衣はいたく
通らめや
七日し降らば
七日来じとや

 







●場所 秋篠音楽堂
●出演者 講師・ナビゲーター
上野 誠
ソプラノ
山口佳惠子
オーボエ
清水 明
ピアノ・作曲
河合摂子
●後援 奈良市
●協力 NPO法人奈良芸能文化協会

●内容

 

夏の野の 繁みに
咲ける 姫百合の
知らえぬ恋は
苦しきものそ

春過ぎて 夏来るらし
白たへの 衣干したり
天の香具山

うぐひすの 通ふ垣根の
卯の花の 憂きことあれや
君が来まさぬ

 


●プロフィール
講師・ナビゲーター 上野 誠

奈良大学文学部 教授(国文学科)。博士(文学)。財団法人奈良県万葉文化振興財団万葉古代学研究所副所長。
著書『古代日本の文芸空間? 万葉挽歌と葬送儀礼』(雄山閣出版)、『万葉びとの生活空間?歌・庭園・くらし?』(塙書房)、『万葉にみる男の裏切り・女の嫉妬』(NHK出版)、近刊に『万葉体感紀行』(2004年9月刊行、小学館)、『小さな恋の万葉集』(小学館、2005年11月刊行)、MBSラジオ「上野誠の万葉歌ごよみ」やNHKラジオ「ないとえっせい」などにより、『万葉集』を学ぶことの楽しさを、多くの人
びとに伝えている。
第12回日本民俗学会研究奨励賞受賞(1992年、日本民俗学会)。第15回上代文学会賞受賞(1998年、上代文学会)。歴史学や考古学、民俗学を取り入れた万葉研究で、学会に新風を送っている。
モットーは「体感する万葉」


ソプラノ 山口佳惠子

大阪教育大学特設音楽課卒業。同専攻科修了。中宮寺等で音楽奉納。TV・ラジオ他各種演奏活動リサイタル開催、後進の指導。大阪フィル、京都市響、ウィーンアマデウス管弦楽団他数多く協演。関西二期会、日本演奏連盟、関西歌曲研究会、フランス歌曲研究会、なら楽人の会各会員、イタリアトスティ協会名誉会員、日本トスティ協会会長、芸能文化協会専務理事。秋篠うたくらぶ専門委員、トスティ歌曲国際コンクール審査員等審査委員を務め後進の指導を行う。日伊文化功労賞、音楽芸術各会博士号の受賞。

オーボエ 清水 明

京都市立芸術大学卒業。ドイツ国立デトモルト音楽大学に留学。岩崎勇、H.ヴィンシャーマン、I.ゴリツキーの各氏に師事。81年〜91年に、関西フィルハーモニー管弦楽団に在籍。第1回大阪国際室内楽フェスタにおいて審査員特別賞を受賞。現在、エウフォニカ管弦楽団のオーケストラディレクターとして身近なクラシック音楽活動を近畿一円で推進中。兵庫県立西宮高校、相愛高校、神戸山手女子高校、同志社女子大学、相愛大学、各音楽家講師として後進の指導にあたる。神戸音楽家協会会員。

ピアノ・作曲 河合摂子

大阪音楽大学音楽学部作曲学科卒業。同大学院修了。作曲を田島亘、藤島昌壽、対位法を十河陽一、ピアノを辰巳千里、小室弥須彦の各氏に師事。2010年ジョイントリサイタルを開催。作曲、編曲の他ピアニストとしても演奏活動を行い、多くのコンサートに出品、出演。後進の指導にもあたっている。現在、大阪音楽大学付属音楽院、奈良県立高円高等学校音楽科、奈良佐保短期大学、武庫川女子大学各講師。大阪シティーアカデミー、王寺ミュージックサロン伴奏ピアニスト。関西現代音楽交流協会、奈良県音楽芸術協会、音楽創作グループ「Horizon」、日本女性作曲家連盟各会員。






>>> ページトップ


 
Copyright © MUSIK SAAL AKISHINO. All rights reserved.